ビジネス・スタンダードなどの10日の報道によれば、経営難に陥っているインドの航空大手ジェット・エアウェイズが実施した株式の売り出しに対し、アラブ首長国連邦のエティハド航空が応札した。ジェットエアは資金不足のため、現状で全ての航空便の運航を停止している。