米ブルームバーグやロイターの12日報道によれば、経営破綻した豪航空大手ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスに対し、インドの格安航空(LCC)大手インディゴの大手株主が入札を検討している。インディゴはインドの後発LCCとして急成長した。ただLCCがヴァージン・オーストラリアを保有することを嫌気する向きもあるという。