タイムズ・オブ・インディアの9日報道によれば、米国の投資会社ビスタ・エクイティ・パートナーズはインドの有力財閥リライアンス・インダストリーズ傘下で同国最大手の通信会社に約15億ドルを出資し、2.32%の株式を取得する。この通信会社には米フェイスブックもこのほど大規模投資を発表したばかり。タイムズ・オブ・インディアは投資に関心を示している企業は他にもあると報じている。