8日、東南アジアの株式市場の大半が下落した。スター・オンラインやロイターは、米中貿易摩擦が再燃するとの懸念が高まったことが背景にあると分析している。米国の中国製品に対する追加関税の引き上げが適用された場合、アジアの株価がさらに押し下げられる恐れがある。