経営破綻した豪航空大手ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスの管財人は、ヴァージンの買収に関心のある8社に対して情報アクセスを認め、別の12社とも交渉を進めていることを明らかにした。ヴァージンの管財人はデロイトが務めている。30日、ロイターが報じた。