ブルームバーグの28日報道によれば、世界的な原油の需要低迷により、ガソリンなど石油製品を満載したタンカーが行き場を失い、シンガポールの沖合に多数停泊している。その数は60隻前後と、通常よりも20〜30隻多いという。