ロイターの4月27日報道によれば、ミャンマーの少数民族武装組織「カレン民族同盟(KNU)」がタイ国境付近のミャンマー国軍拠点を占拠し、これを焼き払った。イラワジの同日報道によれば、インドとの国境にある州でも戦闘が起き、少なくとも13人の国軍兵士が死亡したという。少数民族エリアを中心に武力衝突が激化している。