インド自動車最大手、マルチ・スズキが4月27日に発表した2021年1〜3月期の単独決算は純利益が116億6000万ルピー(約170億円)と前年同期比9.7%減少した。自動車市場は回復しつつあったが、原料費の高騰などが響いた。インドでは足元で新型コロナウイルスの感染が再び急拡大しており、自動車販売にも影響が出る恐れがある。