ロイター通信の24日報道によれば、経営破綻した豪航空大手ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスは1万人以上の債権者に対し69億豪ドル(約4700億円)の負債を抱えており、航空機のリース会社に対して3カ月の支払い免除を求めていることが分かった。