ロイター通信などの報道によれば、フィリピン政府は24日、首都マニラを含むルソン島で実施している外出制限措置を5月15日まで延長すると発表した。延長は今回で2度目。感染リスクが低い地域については経済活動を再開させていく見通しだ。