国際連合世界食料計画(WFP)は4月22日、ミャンマーで340万人がクーデターの影響で新たに食糧難に直面する恐れがあると指摘した。もともと新型コロナウイルスの影響で280万人の食料調達に懸念が持たれていたが、クーデターが追い打ちをかけている。職が失われる一方で、食料品が急激に値上がりしており、ミャンマーの人々を追い詰めている。