米ブルームバーグは22日、豪航空大手ヴァージンの破綻を事例に、今後も各国で航空会社の破綻が相次ぐ恐れがあると警告した。IATA(国際航空運送協会)によれば、政府支援のない場合、世界の半数の航空会社が2〜3カ月以内に破綻に至る可能性があるという。