スター・オンラインなどの報道によれば、シティグループはシンガポールの2020年のGDP(国内総生産)が8.5%縮小するとの見方を示した。以前の予想(6%の縮小)を下方修正した。自宅待機命令や企業の閉鎖などが大きく影響すると見られている。シンガポールでは新型コロナウイルスの感染者が急増しており、政府はより厳しい対応を取ることを余儀なくされている。