原油価格の急落を受けて、マレーシアの政府幹部が今後の支出見直しや経済構造の見直しに着手する可能性があると話した。22日、スター・オンラインが報じた。報道によれば、マレーシア連邦政府は歳入の5分の1を石油関連の税収に依存している。直近の原油価格の下落については既に折り込み済みだが、今後の動向を注視する必要があるという。