17日に実施されたインドネシア大統領選挙の結果を受けて、18日のインドネシア証券市場ではジャカルタ総合指数が2018年1月以来の高値を記録した。選挙結果の速報によれば、改革路線を掲げる現職のジョコ氏が引き続き大統領として国を率いる公算が大きい。スターオンラインは18日、ジョコ氏続投により政策金利の低下や民間部門の成長が期待できるとの専門家の見方を報じている。