16日は大半の東南アジア各国の証券市場が高値を記録した。スター・オンラインは中国の景気回復について投資家が楽観視しており、投資家心理が改善した影響で東南アジア市場でも買いが進んだと分析している。