韓国の鉄鋼大手ポストはミャンマーの国軍系企業との合弁事業を終了すると発表した。4月16日、ロイターが報じた。終了プロセスについての詳細は明らかではない。ミャンマーから撤退する計画はないという。ロイターによれば、ポスコは昨年ミャンマーの鉄鋼事業で117万ドルの利益を確保した。