14日、新型コロナウイルス対策を話し合う日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)のテレビ首脳会議が開かれた。検査キットや医療物資の調達などを目的とした基金を設ける方針を確認した。基金の総額などについては不明だが、ジャカルタ・ポストによれば、既存の複数の基金から資金が拠出される見通しという。