シンガポールの国営投資会社テマセクは米ブラックロックと提携し、脱炭素に焦点を当てたファンドを設立する。両社で6億ドルを投じ、機関投資家からも資金を募る。再生可能エネルギーやバッテリー、自動運転といった分野で優れた技術を持つ企業に投資していく計画。テック・イン・アジアなどが4月13日に報じた。