新型コロナウイルスの感染者数が再び急拡大しているインドでロシア製のワクチン「スプートニクV」が緊急使用される見通しだ。タイムズ・オブ・インディアの4月13日報道によれば、このほど規制当局の専門家委員会が承認した。ワクチンはロシアから輸入される見通し。インドは英アストラゼネカが開発したワクチンを製造し、一部を輸出するワクチン外交を展開していたが、国内の感染者急増により輸出はストップしている模様だ。