2019年の日本企業によるベトナムへの投資額は前年を上回りそうだ。製造業が堅調なのに加え、環太平洋経済連携協定(CPTPP)が発効したことも投資の促進へと企業の背中を押しているという。11日、ベトナム・ニュースが報じた。