インドネシアの首都ジャカルタでは10日から2週間、不要不急の外出が禁じられた。ジャカルタ・ポストによれば学校は休校となり、企業のオフィスは封鎖されている。公共交通機関は稼働しているものの、乗客の数は収容能力の50%以下に制限されている。警察の取り締まりが強化され、制限に違反した場合は罰則が科される。