インドネシアの国営企業省は新規に持ち株会社を作り、同国のナショナル・フラッグ・キャリアであるガルーダ・インドネシア航空と、合わせて20以上の空港を管理する空港管理企業2社の経営を統合する計画があると明らかにした。ジャカルタ・ポストが9日報じた。これにより、各社のコストを大幅に減らせるという。