タイの再生エネルギー大手、エナジー・アブソリュートは今年6月にも電気自動車(EV)向けのバッテリー生産を始める。4月8日、バンコク・ポストが報じた。また同社はEVの組み立て工場も建設しており、今年中にも稼働する見通し。タイ政府は2030年までに自国で生産される自動車の半数をEVとする計画を掲げている。