4月7日、インドの格安ホテル運営スタートアップ企業OYOが破産したと一部メディアが報じ、創業者のリテシュ・アガルワルCEOがツイッターで報道や噂を否定した。ブルームバーグによれば、サプライヤーが160万ルピーの請求をOYOに請求した後、同社が破産申請したとの噂が広がったという。OYOは新型コロナウイルスの拡大以前から事業の見直しを進めていた。