インドのスタートアップでデリバリーサービスを手掛けるSwiggy(スウィギー)は、このほど中国ネット大手のテンセントやサムスン・ベンチャーズなどから4300万ドルの資金を調達した。スウィギーはレストランの食事の配達に加え、食料品や生活雑貨の配達も始めている。競合のZomatoも同様のサービスに乗り出しており、ロックダウンされているインドで必要不可欠なインフラになろうと取り組んでいる。