中国のIT(情報技術)大手が相次ぎシンガポールへの進出している。テンセントやティクトック、アリババ集団などが拠点の設立や人材採用を急いでいるという。米中対立が激化しているのに加えて、中国国内でIT大手への政府の締め付けが強まっていることが背景と見られる。中国勢の採用拡大によりシンガポールで人材不足が課題になる可能性がある。4月5日、スターが報じた。