アジア全体の経済活動がロックダウン(都市封鎖)などで停滞していることで、政府がその活動を把握できない小規模な事業者や労働者の生活が大きく脅かされている。ジャカルタ・ポストが3日報じた。インドネシアは過半を超える労働者がインフォーマルセクターで働いており、彼らに対する支援が欠かせないが、その実現は困難だと指摘している。