AFP通信は4日、豪州の航空大手ヴァージン・オーストラリアがブルネイの同性愛行為に対する死刑制度に反発していると報じた。ブルネイは3日に同制度を導入。ヴァージンはロイヤルブルネイ航空とスタッフが割引チケットを予約できる契約を結んでいたが、これを破棄した。