タイで第2位のシェアを持つ格安航空(LCC)大手ノック・エアに対しタイ航空局や運輸省が警戒を強めている。一部のフライトをキャンセルしたり、一部路線でフライトの頻度を減らしたりしているためだ。ノック・エアは経営不振が数年に渡って続いており、運輸省は新たな投資家を探すよう同社に求めている。4日、バンコク・ポストが報じた。