インドの国内自動車販売が回復している。最大手のマルチ・スズキの2021年3月の販売台数は14万9518台と前年同月比で倍増した。全体で見ると商用車の販売が伸びている。前年同月は新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした封鎖措置などで販売台数が激減した。これを4月1日に報じたタイムズ・オブ・インディアは、年間を通して購買意欲が低調に推移した反動もあると指摘している。