インドネシア財務省は、インターネットでの商品売買に対する課税強化案を見直す考えを明らかにした。小売り取引と同様の課税策を導入する計画を進めていたが、Eコマース業者らの反発が強く、混乱も予想されたため、計画を再度見直すという。3月29日、ジャカルタ・ポストが報じた。