シンガポール取引所は27日、英国のフィンテック企業、ビッドFXに20%出資すると発表した。同社はヘッジファンドや資産運用会社、銀行向けに為替取引システムを提供している。これをシンガポール取引所は自社のシステムに取り入れる考え。20%を超えて株式を取得することも検討する。