スターオンラインの26日報道によれば、マレーイア航空は経営が急速に悪化している国内の航空会社、マレーシア航空とエアアジアを支援するため、両社の負債を引き継ぐ受け皿を作ろうと模索している。またバンコク・ポストの同日報道によれば、タイ政府もフラグシップキャリアであるタイ国際航空の経営支援策を2カ月以内にまとめる見通しだ。