ストレーツ・タイムズによれば、シンガポール商工省は26日、2020年の国内総生産(GDP)が前年比1〜4%減少するとの発表した。バンコク・ポストによれば、タイ中央銀行も25日、同国のGDPが同5.3%減少するとの見通し示した。新型コロナウイルスの感染拡大が東南アジア経済を直撃している。