インドで新型コロナウイルスの感染者数が再び増加している。この影響で、同国はセラム・インスティチュート・インディア(SSI)製のワクチン輸出を中断した。ロイターが3月25日、関係者の話として伝えた。これまでインド政府はSSI製ワクチンの輸出に力を入れてきたが、国内の感染状況が落ち着くまでは中断される見通しという。