インドネシアの航空大手、ライオン・エアがインドネシア証券取引所への株式上場を模索している。既にアドバイザーと株式の売出しについて協議を進めているようだ。同社は昨年10月にボーイング737MAXを墜落事故で失っており、上場で調達した資金で経営の立て直しを図る。ブルームバーグが21日報じた。