「インドネシアのネットフリックス」として知られるアジア・ビジョン・ネットワーク(AVN)は特別買収目的会社(SPAC)である Malacca Straits Acquisitionと合併する。これにより、AVNは米ナスダックで取引できる米国上場企業と見なされる。AVNは2020年に設立された動画コンテンツ配信企業で、320万人の月間アクティブユーザーを抱える。3月23日、テック・イン・アジアが報じた。