インド政府はEV(電気自動車)関連メーカーを対象とした新たな恩典を提供し、今後5年で140憶ドルの投資を引き付けることを計画している。ロイターが3月23日に報じた。自動車メーカーや部品メーカーに対して80憶ドルの恩典が用意される見通し。インドは化石燃料依存をなくそうと取り組んでいるが、現状では州ごとに異なる恩典やインフラ不足でEV産業の振興が難航していた。