インドのライドシェア・配車大手のオラと同国で事業展開する米ウーバー・テクノロジーズが同国における業務を停止した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、インド政府が全土封鎖に踏み切ったことが背景。両者の配車サービスは都市部を中心に市民の足として定着していた。23日、テック・イン・アジアが報じた。インドでは自動車大手マルチ・スズキやトヨタ自動車が生産拠点を閉鎖するなど、企業活動に大きな支障が出ている。