台湾のEMS(電子機器の受託製造サービス)大手フォックスコンがベトナムの国産自動車メーカー、ビンファストとの提携を模索している。3月19日、ロイターが報じた。ビンファストは電気自動車(EV)の生産拡大を計画しており、フォックスコンはEV関連部品やバッテリーを供給する見通し。当初、フォックスコンはビンファストの生産ライン買収を提案していたものの、ビンファストが自社ブランドのEV開発を重視していたため、提携に軸足を移したという。