経営破綻したタイ国際航空と、航空機リース会社などとの間で債務についての対立が起きている。リース会社などはタイ航空から合計74億ドルの支払いを受ける必要があるとしているが、タイ航空はこれらの負債は同社が裁判所から破産保護を受けた後に生じたものであると主張している。3月18日、ブルームバーグが報じた。タイ航空は再建を模索しているが、現状で先行きは不透明だ。