アジア開発銀行(ADB)は国軍によるクーデターが発生したミャンマーにおける開発プロジェクトに対し、資金提供を一時的に全て停止した。イラワジなどが3月12日に報じた。ADBはミャンマーにとって主要な開発パートナーで、影響を受けたプロジェクトはエネルギー関連から教育分野まで及ぶ。世界銀行も少なくとも24の開発プロジェクトへの支払いを停止している。