ビジネス・スタンダードの14日報道によれば、インドのスパイスジェットがボーイングに対し賠償を求めることを検討している。エチオピア航空のボーイング737MAX墜落事故を受け、多数の同型機を保有するスパイスジェットはその運用を見合わせざるを得なくなり損失が発生しているためだという。さらにジャカルタ・ポストによれば、インドネシアではライオン・エアがボーイングからの同型機の新規納入延期を決めた。