ロイターの11日の報道によれば、エチオピア航空302便の墜落事故を受け、インドネシア当局は事故機ボーイング737MAXの運行を停止した。タイムズ・オブ・インディアによれば、インド当局は737MAXを運用するスパイス・ジェットとジェット・エアウェイズに対し安全策を導入するよう要請する見通し。スターオンラインによれば、マレーシア政府は同型機の購入について再検討する姿勢を示している。737MAXは東南アジア各国で導入が進んでおり、ベトナムのベトジェット・アビエーションは先月、ボーイングから100機を購入する契約に調印したばかりだった。