ロイターなどの3月10日報道によれば、豪カンタス航空傘下の格安航空会社(LCC)、ジェットスターでは国内線の運行能力が新型コロナウイルス感染拡大前の9割の水準まで回復した。州を超えた移動制限が解除され、国内旅行需要が回復していることが背景という。