新型コロナウイルスワクチンの世界的な生産拠点であるインドが、米国、日本、オーストラリアに対し、インドのワクチン生産能力拡大を目的とした資金援助を呼びかけている。関係者の話としてロイターが3月8日報じた。日米豪印はクワッドと呼ばれる協力体制を築いている。インドは資金援助を受けることで中国のワクチン外交に対抗する狙いがあるとみられている。