東南アジアの格安航空会社エアアジアグループが少人数の旅客を輸送するエアタクシー事業やドローンを活用したデリバリーサービス、さらに配車サービスなど次々と新しい事業を近く展開する見通しだ。トニー・フェルナンデス・グループCEO(最高経営責任者)の話としてスター・オンラインが3月6日報じた。