インド大手財閥、マヒンドラ・グループ傘下の自動車メーカー、アウトモービリ・ピニンファリーナは6日、世界最速の公道仕様の電気自動車(EV)を発表した。自動車レース最高峰のフォーミュラ・ワン(F1)で用いられる自動車を上回る速度を実現しているという。2020年にも台数限定で発売する。