格安航空大手のエアアジアは米国に投資ファンドを立ち上げる。米サンフランシスコを拠点とするファンド、500スタートアップスと組み、観光やフィンテック、AI、サイバーセキュリティーといった分野で東南アジアでの事業展開を目指すスタートアップを支援する。6日、スターオンラインが報じた。